Welcome to my blog

まぎあっと。PSO2

PSO2をしながら、その雑記、初心者向け講座、そして自作小説など書いていくブログです

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ◆スキルツリー講座 ~Fo編~◆

こんにちは!


 


今回は、スキルツリー講座、Fo編を行おうかと思います!


あくまで参考程度にして頂ければ、と思います。


 


 


------------------------------


★更新情報★


2015/03/16 「ノーマルテックアドバンス」の説明の誤り修正。イルメギドではなく、ナ・メギドです。


2015/03/11 記事作成


 


------------------------------


 


 


さてさて、


テクニック職(以下テク職)で有名なフォース(Fo)。


最近では火力アップスキルも増え、補助だけではなく、


ますます高火力の出る環境になりつつありますね。


 


 


前回のRa解説と同じく、スキル名の横の★マークは、5段階評価での、私のオススメ度となります。


 


 


『法撃アップ1』 ★☆☆☆☆


 


これより下のスキルを取るため、どうしても取らなきゃいけないものです。


まあいわゆる”前提条件”の3ポイントだけでいいでしょう。


素ステータスに反映されるので、もし装備したい武器の条件が満たせない時には、上乗せもアリ。


 


 


 


『タリステックボーナス』 ★★★☆☆


 投げたタリスから放たれるテクニックの、火力がアップする。


 


武器:タリスを使う人だけ、取得すると良いです。


説明通りで、逆を言えばタリスを使わなければ意味のないスキルとなります。


 


 


 


『法撃ハイアップ』 ★★★★★


 法撃アップの上位互換。Lv1で+40。Lv5で+120アップ。


 


パーセンテージで上がるタイプではないにしろ、全振りしても5SP。


Foも用途によるがSP(スキルポイント)があまり安い方なので、個人的には振っておきたい。


素ステにも反映されるらしく、もはやこれがあれば装備条件も余裕・・・なのだろうか?


 


 


 


『エレメントコンバーション』 メインクラス専用 ★★★★★


 武器の属性と、同じ属性のテクニックを放つ事で火力が上がる。


 最大で50%アップ。


 


Foの新たな利点となるスキル。Foの3大火力アップスキルの1つ。


例えば炎属性の杖やその他の武器を装備している場合、


同じ炎属性テクニックの”フォイエ系”を放つと、火力がアップする。


それだけではなく、たとえ属性が異なるものであっても、微量だが火力が上がる。


メインFoなら確実に取っておきたい一品。


 


 


 


『ノーマルテックアドバンス』 ★☆☆☆☆


 チャージしていないテクニックのダメージが上昇する。


 Lv10で110%アップ。


 


気をつけたいのは”チャージしていないテクニック”という点。


いわゆる”ノンチャ”という物にしか効果が乗らない。(ノンチャージの略)


テクニックとは基本的にチャージをして放つものであり、ほぼ全てのテクニックがチャージ可能となっている。


その為、ノンチャで放つ意味があまりない。


 


  ※中には特殊なものもあり、ナバータやナメギドなんかはチャージではなく、特殊な何か。


 


ウォンドの「エリュシオン」は、潜在が”ノンチャージで撃つテクニックの火力がアップする”というモノなので


エリュシオンを主体として運用しているなら、このスキルを取る”べき”である。


逆にそれ以外ならば、必要はないと言えるだろう。


 


 


 


『チャージエスケープ / ロッドキープボーナス』 メインクラス専用 ★★★★☆


 テクニックをチャージしている時に回避アクションを使用すると、


 一時的にチャージ中のテクニックをキープする。


 (つまり再チャージする時は、回避アクションをする直前の状態からチャージを開始する)


 


SP(スキルポイント)も1で取得できる便利なスキル。


難しく考えることはなく、回避アクション・・・ロッドで言う”ミラージュエスケープ”を


テクニックをチャージしている途中で発動しても、回避後、続きからチャージ出来ると言うもの。


言葉では説明しにくいところもあるので、実際にやってみるのが早い。


 


「ロッドキープボーナス」も取らないと、再チャージにPPが消費されてしまうので注意。


 


テクニックをチャージしている最中に敵の攻撃が来ても、


回避し、その後チャージを再開して放つ、という事が可能になる。


 


 


 


『チャージPPリバイバル』 ★★★★★


 テクニックのチャージ中にPPが回復する。


 


テクニックを扱い、メイン・サブクラス問わず、Foを入れる利点はこのスキルにあるだろう、とまで言える代名詞スキル。


勿論他にもあるが…


効果は説明通り、テクニックをチャージしている間も、PPが自然回復していく。


Te(テクター)の”PPコンバート”や、PB(フォトンブラスト)の”ケートス・プロイ”と合わせると


爆速でPPが回復していき、魔法が連続で放てる。


 


SPも1ポイントなので、Foを扱うなら必ず取っておこう。


 


 


 


『テックJAアドバンス』 ★★★★★


 テクニックを放つ時、JA(ジャストアタック)をしているならダメージが増加する。


 


Foなら取っておきたい3大火力アップ系スキルの1つ。


最大Lvは10と、振り分けポイントこそでかいものの、その恩恵も大きい。


説明にも書いてあるとおり、テクニックにしか効果はないので注意。


 


因みに、「農協じゃねーぞ!」というコメントは「JA全農(全国農業協同組合連合会)」から来ているのだろう。。。


 


 


 


『テックチャージアドバンス1・2』★★★★★


 チャージしたテクニックのダメージが上昇する


 


Foなら取っておきたい3大火力アップスキルの最後。


どちらも最大Lvは10と、両方取ると20ポイントもかかる。


だがそれだけの価値はあると思う。


 


本スキルは、”チャージしたテクニック”限定です。


よって、上で例として説明した”エリュシオン”などを運用する時や


”ノーマルテックアドバンス”を主体とする場合は、このスキルと反発するので注意。


反発といっても、「俺はチャージしてテクニックも、ノンチャテクも両方強化したいんじゃ!」って方は


”ノーマルテックアドバンス”と両方取ってOK。


 


余談ですが、1と2で分かれてはいますが、私がFoを運用する時も


両方全振りしています。


 


 


 


『フォトンフレア』 ★★★☆☆


 発動から45秒の間、法撃力を上昇させる。(サブパレットに入れて使うスキル)


 


次元強化式の火力アップスキル。


パーセンテージの上昇ではなく、+◯◯として上がるので、実はそこまでの火力アップは望めないのが傷。


Lv10振って+200アップとなる。


さらに、これ単体では効果も微弱かと思われる。


フォトンフレアを主軸にして行きたいのであれば、このシリーズのスキルも一緒に取る事をおすすめする。


 


 


 


『フォトンフレア アドバンス』★★★☆☆


 ”フォトンフレア”発動時に、さらに法撃力を上げる。


 


注意したいのは、”フォトンフレア”を使用していないと効果が無い。


Lv10で+200上がるので、フォトンフレア自体をMAX取得していれば、法撃力が最大+400上がることになる。


こちらはサブパレットに入れる必要の無いスキル。取得すれば自動的に反映される。


フォトンフレアを取るならこちらもMAX取っておこう。


 


 


 


『フォトンフレア アフターバースト』 ★★★☆☆


 ”フォトンフレア”の効果終了後、30秒間、法撃力がアップする。


 


説明通り、フォトンフレアがリキャストに入った時点で、このスキルの効果が発動する。


記憶が正しければ、発動時にはエフェクトがかかったハズなので、すぐ解る・・・と思う。


 


上がる法撃力は+100。


フォトンフレアのリキャスト時間は100秒で、このスキルを取ると


100-30=70秒間、フォトンフレアを発動している時よりも法撃力が下がる、ということになる。


 


まあ、モノは考えようなので、これを取るか取らないかはプレイヤー次第。


でもMAXレベルが1なので、どうせなら取っておこう。


 


 


 


『フォトンフレア ブースト』 ★★★★★


 ”フォトンフレア”発動中、状態異常を与える確率が上昇する。


 


フォトンフレア第二の利点を個人的に考えるスキル。


Lv1で110%、Lv10でなんと170%も状態異常確率がアップする。


状態異常が好きな人で、フォトンフレア愛用者なら取っておくといいかも。


 


また、ファイターのスキルを合わせることによって


氷属性テクニック 「バータ」 によるフリーズ確率が100%近くになる。


※ただし現環境ではフォトンフレアのデメリット消失のため、


 なんとか自力でHPを半分にし、それを維持しないといけない。


 


 


 


『フレイム・アイス・ボルトマスタリー系』 ★★★★★


 対応した各属性のテクニックの威力が上昇する。


 


1と2に分かれているが、属性特化型をめざすなら1・2共に全振りが望ましい。


ただ、”フォトンフレア”を取得していると、全振りは厳しいかもしれない。


厳しいならば、1だけでもMAXにしておきたいところ。


それでも厳しい時は、各属性を1だけ振るというのもアリ。


 


Lv1で105%。Lv10で120%。


1振りでも割りと効果はある模様。


また、1と2で半分ずつ振るより、マスタリー1だけをMAXに振った方がお得のようです。


 ※Lv5で109%。


 


 


 


『バーン・フリーズ・ショックブースト系』 ★★★★☆


 各属性に対応した、状態異常付加率が上昇する。


 


どれもLvは最大10まで。


Lv1で101%。Lv10で110%と、1%ずつ上昇していく感じになる。


尚、武器の特殊効果にも乗る。(バーンⅡとか?)


 


計算式は+10%というわけではなく、×110%。


状態異常の発生確率が20%の場合、(例:バータ フリーズ確率20%)


Lv10取得時で、合計22%になる。


 


でも私はこのへんの計算が苦手なので、詳しくはwiki等を参照。


因みに氷特化の私はフリーズブーストMAXです。


 たとえ+2%しか上がらなくあって少しでも凍ればイインダヨ!(


 


 


 


『フリーズキープ』 ★★★★★


 状態異常”フリーズ”の耐久力が上昇し、攻撃によって解除されにくくなる。


 


敵を凍らせても、他の人の攻撃ですぐに割られてしまうフリーズ効果。


しかし、その耐久値を上昇させて、割られにくくするスキル。


Lv1で200%。Lv5で600%。


 


因みに氷特化の私はフリーズブーストと合わせて(以下略


 


 


 


『フレイムテックSチャージ』 ★★★★☆


 炎属性テクニックのチャージ時間を短くする


 


炎属性特化のツリーなら、全振りしてもいいかも。


Lv1で90%。Lv10で50%短縮。


 


Lv1だと10%しか短縮されないので、取るなら全振りか・・・?と思われます。


その辺はその人次第と、SPの余り具合と相談で。


 


 


 


『ボルトテックPPセイブ』 ★★★★☆


 雷属性テクニックの、PP消費率を減少する


 


雷属性特化のツリーなら、全振りしてもいいかも。


Lv1で-1減少。Lv10で-10減少。


 


元々雷属性のテクニックは、このスキルを前提としているためか、


他のテクニックより少し、消費PPが大きく出来ています。


今は”テクニックカスタマイズ”なんてものも出ているので、


このスキルでPP消費を抑えつつ、火力を上げる、というカスタムも可能。


 


 


 


『フリーズイグニッション』 評価不可


 フリーズ状態のエネミーに対し、大きなダメージを与える


 


Foの氷使いのための趣味スキル。


かなり癖が強いスキルのため、評価は不可にしております。


 


というのは、


余ったSPを中途半端に振ったところで恩恵が少なすぎるからです。


今まで何度もこのスキルを活かそうと私自身が試したのですが、


結局氷特化かつ、イグニッション目的のツリーでないと・・・正直使えません。


 


このスキルは、サブパレットに入れて使用するタイプです。


まず敵をフリーズ状態にして凍らせます。


その後、このスキルを使ってダメージを与えるのですが、この時、


敵に密着するように接近しなければいけません。


範囲が狭いのです・・・。


 


範囲内にフリーズした敵が複数いれば、


全体にダメージを与えられる、いわば範囲攻撃系スキルなのです。


 


ロマン砲ともいえるでしょう。


某所では、かなり大きなダメージを叩き出す強者もいます。


決まると気持ちいいスキルですので、興味があれば検索してみてください。


 


 


 


『Fイグニッション ブースト』 評価不可


 フリーズイグニッションの効果範囲と威力が上昇する。


 


フリーズイグニッションの癖が強すぎた為に、新たに実装された関連スキル。


範囲がかなり広くなります。


具体的にいうなら、テクニックカスタマイズした、深刻のゾンディール(通常の範囲+1m)と同じくらい?


と、されています。


どちらにせよ、密接しなくても大丈夫なようになります。


 


フリーズイグニッションを愛用するのであれば、こちらもセットでお使いください。


 


ただし・・・


ほとんどのボスにフリーズが効くわけではありません・・・。


ボス向けではなく、雑魚処理向けのスキルなんです・・・。


 


防衛戦でゴルドラータの足が凍結してたりしますよね?


塔のバーストバリアで一斉に凍結してたりしますよね。


 


あそこでフリーズイグニッションを撃ったら・・・うひひ・・・って


 


俺も最初はそう思っていました・・・()


でも実はゴルドラータのフリーズって、ちょっと通常のフリーズとは違う、特殊な部類のようです。


その他でいうと、ヴォルドラゴンの足の凍結など・・・。


あれらに対しては、フリーズイグニッションは効きません。。。


 


それどころか、ダメージが入っても入らなくても、


不発でもリキャストが発生しますので、使用時にはご注意を・・・。


 


 


 


 


 


いかがだったでしょうか。


大まかですが、Foについては以上になります。


 


魔法・・・テクニックは色々組み合わせると面白いと思います。


1つのものにこだわらず、様々な状況下で、色々なテクニックを試してみてください。


きっと自分の「面白い!」と思う組み合わせがあるはずです。


 


 


それでは!


素敵なフォースライフを。


 


迷ったらフォース!!!!

- 0 Comments

コメント入力フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。