Welcome to my blog

まぎあっと。PSO2

PSO2をしながら、その雑記、初心者向け講座、そして自作小説など書いていくブログです

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 キャラクター紹介 天龍

 (´・ω・`)絵描いてくれる人募集!



キャラ名:天龍
性別:女(デューマン)
年齢:実は17歳とかその辺(なのかな?)
メイン職:ブレイバー/ハンター


――小説での天龍
自作小説「Time After Time」に登場するキャラの1人。
ある時、ある場所で海に出ていた所、突如謎の渦潮に巻き込まれ気を失ってしまう。
目が覚めると海岸に放り出されていた。
見知らぬ場所、見知らぬ風景……
だた一つ分かるのは自分の名前くらいだった。

周囲の人に聞きこみをして新たに分かったことは
ここが自分が住んでいた世界とは異なる場所、ということくらい。
元いた自分の世界に帰る術を探すべく、天龍は旅に出かけたのであった……。

そんな旅を始めてある時、何やら人が賑わっていた。

 「なんだぁ? 祭りでもやってんのか?」

街の人に聞いてみると、なんでもその街の伝統的な武闘会らしい。
興味が湧いた天龍は飛び入りで参加を希望。
住民ではない天龍だったが、参加条件はそれに限らないらしく許可されたのだ。
周りの参加者はいかつい身体ばかり。
剣闘士として歴が長いガタイの良い男女。
中には土木仕事で鍛え上げられた身体で挑む者もいた。
そんな中、誰もが天龍のその細い、でもいるような女子高生のような身体付きを見て笑っていた。

試合では、使用武器の制限に一切の制限は無く、その代わり相手の命を奪うことはしない。
というのがルールだ。
最初は皆、天龍の事を指差し、笑っていたが
次第にそれも無くなっていった。
そう、なんと天龍は初参加にして優勝を勝ち取ったのだ。

周囲から湧き上がる歓喜と声援。
そんな中、この試合を見ていた1人の男が天龍に声をかける。
それが彼女にとって、新たな戦いの舞台の幕開けになるのだった……。



――ゲーム内での天龍
砲撃戦ではなく、近接戦のカタナを主力として使うカタナマンとして作成。
これはモデルとなってる天龍が剣のような物を装備しているからである。

また、本来眼帯の下には傷後は無いのだが
「せっかく眼帯をつけるなら……」と、まぎ@が勝手につけた。
それがきっかけか、モデルの性格よりもやや攻撃的な台詞を吐く。
天龍本人からも”かっこ良く見せたい”という節を感じるので
それなりに調整したのが、ゲーム内での私の天龍だ。

愛刀は禍刀ラクカ。
HP吸い取られていく代わりに火力上がるって、いい厨二武器じゃない?((

担当クラフトは「アーム打撃防具」。
Lv1~Lv10(特化込み、PP特化も可)まで。


- 0 Comments

コメント入力フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。