Welcome to my blog

まぎあっと。PSO2

PSO2をしながら、その雑記、初心者向け講座、そして自作小説など書いていくブログです

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 キャラクター紹介 Evangeline

pso20160717_023615_009.jpg

 (´・ω・`)絵描いてくれる人大募集!


キャラ名:Evangeline(エヴァンジェリン)
(正式名はEvangeline. Lance. Burnet)
性別:女(ニューマン)
年齢:23歳
メイン職:バウンサー(主にブーツ)


――小説でのEvangeline
とある大国の王女を務める女性。
当然王族としての血も流れており、正当なる後継者である。
が、エヴァ本人は王族とは思えない程のがさつさ、大胆さな性格を持ち合わせている。
小さい頃から「貴女様は国王の娘なのですから……」と
振る舞いに関して口煩く言われてきたせいか、
王としての「態度」に関してはあまり関心を持たない。
彼女曰く、

 「国王として成すべき事は、国民を守ることであり、威厳を振りまくことではない」

と思っている様だ。
当然、王女としての教育も受けており、
正式な場では凛とした、気品ある振る舞いも出来る。
しかしプライベートな場ではがさつかつ、我儘な振る舞いで、足癖も悪く
側近としてその地位に置いていた”ランス”にも、よく頭を悩まさせていた。

ランスとは幼い頃からの付き合いで
エヴァの周りで始めて、
”王族として”ではなく、”一人の友”として付き合ってくれた男でもある。
後にエヴァが王座に就く時、側近としてエヴァ自らがその地位を与えた。
仲むつまじく、よく二人で他国に出向いたりすることもあった。
特に和国の文化に興味を惹かれ、
その土地のしきたり、口調、衣類などに興味を持つ。

ちなみに彼女らが恋人同士だったかは不明であり、
エヴァ本人曰く、「良き親友」とのこと。



――ゲーム内でのEvangeline
13キャラ目として新たに登場。
「~~じゃ?」や、「~~よい」などの
和国の偉い人みたいな口調キャラを作りたく、作成された。
しかし清楚なイメージすぎるのもどうかと思い、
また、根っからの日本風人種にするのはそろそろ飽きてきたため、
せっかくなのでと、外国出身で和国の文化に興味を持ったキャラ、
という方向で作ることとなった。

当時、PSO2で和風=ジェットブーツ?
というイメージがあったため、ブーツを採用。

 「ということは足関連でなんか設定を入れたい」

ということで思いついたのが足癖。
だがただ足癖の悪い外国人となると、インパクトにかけるので
出身国の王族……王女ということにしたのが、Evangelineである。

ニューマンということで結構打たれ弱く、
まぎ@の操作的にどうも特攻精神もあり
死にやすいキャラとなってしまった。

そこを改善すべく、
防具にブリサを選定。
それでも難易度が上がる度にペロ率が高いため
耐性を上げることを決意する。

- 0 Comments

コメント入力フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。